どうしても審査に通らない人のためのカードローン審査に通るポイント解説【審査基準・難易度・貸付条件・審査時間に注目し、勤続年数や収入、借り入れ状況などを虚偽(嘘)の記載をしないのが大切】

どうしても審査に通らない人のためにカードローン審査に通るポイント解説をします!

 

当記事をご覧の方に中には、どうしてもキャッシング審査に通過できないという方もいらっしゃるかと思われます。

 

そんなお困りの方に、当記事ではカードローン審査に通るためのポイントを各項目ごとに説明しますので、ぜひご参考にしてください。

 

なお、こちらの記事ではSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスを例に挙げて審査に通過するためのポイントを解説します。

 

プロミスは審査に通過できれば最短1時間で借りられますし、無利息キャッシングサービスもあるため、便利にお得にお金おを借りることが可能なので、ぜひお申し込みをご検討ください。

 

 

プロミスの審査基準・難易度・貸付条件

 

プロミスの審査に通過するためには、貸付条件を理解し、審査基準を満たす必要があります。

 

プロミスの貸付条件は利用者が20歳以上で安定した収入を確保していること、という内容です。

 

アルバイトやパート、派遣といった職業の収入でも、月々の収入が安定していれば審査に通過できますので、条件を満たすのはそれほど難しくはないはずです。

 

今まで審査に落ちていた方はこの収入の安定性という点が満たせていないことが多いと思われますので、もう一度ご自身の収入状況を確認しましょう。

 

審査基準としては、収入の金額より安定性が重視されますので、金額を気にすることより、安定性に注力をそそぎましょう。

 

貸付条件が満たされていれば、幅広い属性の方が審査に通過できますので、審査難易度は本来でしたらそれほど難しくはないのです。

 

とはいえ、条件が満たせていなければ審査落ちしてしまいますので、収入の安定性については万全の備えをしましょう。

 

 

プロミスの審査時間

 

プロミスにはWEB上で申し込み、貸付条件を満たしていて審査基準を超えていれば、審査時間は最短30分となります。

 

この審査スピードはキャッシング業界の中でもトップレベルの速さとなっておりますので、お急ぎの方にもオススメです。

 

プロミスは在籍確認も給与明細書か会社名義の保険証を提出すれば書類確認で行ってくれるようになりました。

 

そのため、電話連絡が審査で行われず、スピーディーに完了しますので、プロミスの審査時間は非常に短いのです。

 

勤続年数や収入、他社での借入状況などで虚偽(嘘)の記載をしないようにしましょう。

 

貸付条件を守っていたにもかかわらず、審査に落ちてしまったという方は、申し込み書類や本人確認書類・収入証明書類に不備があったのだと思われます。

 

プロミスの審査は書類確認がメインで、在籍確認も書類確認なのですから、そのベースとなる書類に不備があれば審査に落ちてしまうのです。

 

特に、勤続年数や収入、他社での借入状況などで虚偽の内容を申告すると、審査において著しく心象が悪くなってしまいます。

 

嘘の内容を記載しても、プロミスを誤魔化せる可能性は皆無ですので、虚偽の記載は絶対にしないようにしましょう。

 

 

以上の点を押さえておけば、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスが行う審査に通ることが可能になるはずです。

 

安定した収入を確保し、しっかりと書類を提出することを心がけて、プロミスに再度申し込むことをお勧めします。

 

 

どうしても審査に通らない人のためのカードローン審査に通るポイント解説【審査基準・難易度・貸付条件・審査時間に注目し、勤続年数や収入、借り入れ状況などを虚偽(嘘)の記載をしないのが大切】