モビットの在籍確認は会社に電話連絡がある?

 

やはりキャッシングサービスを利用していることは、周囲の人々には知られたくないものです。

 

特に、一緒に働いている職場の人々にはキャッシング利用は知られたくないという方が多いのではないでしょうか。

 

そういった方には消費者金融モビットのWEB完結申込みをすることをお勧めします。

 

何故ならば、モビットの在籍確認は電話連絡ではなく、書類確認で行われているため、会社の人々にバレることがないためです。

 

キャッシング利用を内緒にしておきたいという方は、ぜひモビットの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

モビットのWEB完結申込では電話連絡を行うことなく、書類確認で在籍確認をしているのです。

 

書類確認による在籍確認でしたら、勤務先の会社とモビットの間に何の接点も生まれません。

 

また、モビットは在籍確認以外でも電話連絡などは一切行わないため、周囲の人々に一切バレることはないのです。

 

そのため、周囲の人々にバレてしまうのが不安という方は、ぜひ消費者金融モビットのWEB完結申込みで申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

ただ、在籍確認が電話連絡で行われるプロミスも、実は周囲の人々に内緒でご利用いただけますので、ぜひプロミスの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

プロミスは他の消費者金融と同様に、在籍確認を会社への電話連絡で行っているため、周囲の人々にキャッシング利用がバレてしまうのではと不安に思う方も多いかと思われます。

 

ですが、ご安心ください、プロミスの在籍確認でしたら電話連絡があったとしても、その電話連絡からバレることはないので、安心して利用することが可能です。

 

プロミスは電話連絡をする際にも「プロミス」など社名やサービス名を電話では言わないようにしております。

 

また、担当者の個人名だけが使われる電話内容となっているため、皆様の在籍確認と気づかれることはありません。

 

電話連絡も数分で完了しますので、審査時間も最短30分と短く、すぐにお金が借りられるようになるでしょう。

 

また、プロミス側に事情を説明して、電話連絡ではなく、書類確認に切り替えてもらうことも可能ですので、ぜひお申し込みください。

 

 

モビットの在籍確認はなしにするのは可能か

 

モビットの在籍確認は電話連絡なしにすることは可能であっても、在籍確認自体をなしにすることはできません。

 

在籍確認というのは消費者金融・銀行にとって、返済を確実にしてもらえるかを判断するための裏付けをとるための確認作業です。

 

消費者金融・銀行としても初対面の人に確実に返済してもらえるかという点は、申込者が何らかの職に就いているかという点が確認できれば裏付けがとれます。

 

そういった裏付けが取れないと消費者金融・銀行としても返済してもらえなくなるリスクがある以上、貸し出すわけにはいきません。

 

モビットもそういった事情があって在籍確認をなしにすることは出来ないので、ご注意ください。

 

ただ、在籍確認をなしに出来ないと言っても、電話連絡以外の方法に切り替えることは可能となっております。

 

電話連絡以外の方法、モビットでしたら書類確認ですが、書類確認による在籍確認でしたら周囲の人々にキャッシング利用がバレることはありません。

 

そのため、モビットには在籍確認があるからといって、それがデメリットになることはありませんので、ご安心ください。

 

モビットに限らず、全ての消費者金融・銀行では必ず在籍確認は行われます。

 

それもほとんどが電話連絡で行われますので、書類確認で行ってもらえるのでしたらモビットの在籍確認の方が安心して申し込めるといえるでしょう。

 

 

モビットの在籍確認後に落ちたケース

 

モビットだけでなく、他の消費者金融・銀行においても在籍確認というのは審査のまとめともいえる確認作業となっております。

 

そのため、在籍確認がスムーズに完了すれば大抵の場合は審査に通過できるのですが、中には在籍確認後に審査に落ちたというケースも見られるのです。

 

在籍確認後にモビットの審査に落ちてしまうとしたら、下記のようなことが考えられます。

 

書類提出に不備があった場合

 

モビットの在籍確認は電話連絡以外の方法に切り替えることができますが、在籍確認自体がなくなるわけではありません。

 

在籍確認は書類確認となるのですから、書類提出に不備があれば審査通過ができなくなってしまうでしょう。

 

モビットの書類提出はインターネット上の画像アップロードで完了するため、提出自体に苦労することは全くありません。

 

しかしながら、書類の内容などに不備があれば、在籍確認に支障をきたすため、審査落ちしてしまうのです。

 

モビットに提出すべき書類をきちんと把握し、内容などの正確さを守りつつ提出することを意識しましょう。

 

収入が安定していなかった場合

 

これは審査全体の話になりますが、モビットの審査には「安定した収入の確保」という利用条件が満たせていないと通過することができないのです。

 

そのため、在籍確認が取れたとしても、収入の安定性を認めてもらえないと審査通過ができなくなってしまいます。

 

モビットとしても「安定した収入の確保」という利用条件を満たせていない人物にお金を貸し出すわけにはいかないので、収入の安定性には気を付けましょう。

 

過去に返済トラブルがあった場合

 

過去に返済トラブルがありますと、その情報は信用情報機関という情報機関に履歴として残ってしまいます。

 

モビットも審査の際に信用情報機関にそうした返済トラブルがなかったか照合しますので、そういったトラブルに関する情報が履歴として残っていると審査において著しく不利になってしまうのです。

 

そのため、モビットに関わらず、キャッシングサービスを利用する際には返済トラブルなどは起こさないようにしましょう。

 

すでに過去に返済トラブルを起こしてしまった方は、そうした情報は5年後に履歴から削除されますので、それまでお申し込みは控えることをお勧めします。

 

モビットの在籍確認後に審査落ちしたとしたら、上記のような原因が考えられます。

 

自分自身の収入状況や過去の返済状況などを確認したうえで、改善点を見つけて改善し、きちんと書類を提出してモビットの審査に通過しましょう。

 

 

在籍確認で審査に否決するのを防ぐために

 

モビット審査における在籍確認で審査に否決するのを防ぎたいのでしたら、しっかりと準備をしたうえでモビットに申し込みましょう。

 

こちらでは在籍確認が原因で審査に否決してしまうのを防ぐための方法について解説させていただきます。

 

書類提出をきちんと行う

 

モビット審査における在籍確認は書類確認なのですから、書類提出に関してはきちんと行う必要があります。

 

書類提出をきちんと行っていなければ、電話連絡をしない以上、書類の重要性はより大きいといえます。

 

つまり、書類の提出をきちんと行っていれば、審査において何の問題もなくなりますので在籍確認もスムーズに完了するでしょう。

 

書類の提出さえきちんと行えているのでしたら、在籍確認もスムーズに完了するため、即日融資もしてもらいやすくなります。

 

勤務先に関連する提出書類の提出を慎重に行う

 

書類提出の中でも、特に重要なのが勤務先に関連する提出書類の提出です。

 

モビットの審査では在籍確認を電話連絡で行わない代わりに、勤務先に関する書類を提出することになります。

 

その書類に不備があれば、在籍確認が行えなくなってしまいますので、勤務先に関連する書類提出は慎重に行ってください。

 

 

モビットのWEB完結申込みの詳細

 

モビット独自のWEB完結申込みですが、他の消費者金融・銀行におけるインターネット申し込みとは事情が異なる点が多いのです。

 

そこで、こちらではモビットのWEB完結申込みの詳細について解説しますので、ぜひご参考にしてください。

 

モビット在籍確認で必要な書類

 

モビットのWEB完結申込みが他の消費者金融・銀行と最も違うのは、提出書類でしょう。

 

モビットは提出された書類を用いて在籍確認を行いますので、他の消費者金融・銀行よりも審査の際に必要な書類の量が多めです。

 

モビットのWEB完結申込みでは申込書のほか本人確認書類(免許証など)、収入証明書(給与明細書など)、勤務先を確認できる書類(健康保険証など)など3種類の書類が必要となります。

 

提出方法自体はスマートフォン・携帯電話などのカメラ機能で画像化し、その画像をアップロードするだけで提出が完了となるので、時間はかかりません。

 

しかしながら、先ほども述べましたように、在籍確認に必要な書類を提出していないとなるとWEB完結申込みをしても審査に通過できなくなってしまいます。

 

在籍確認を書類で行ってくれるというのがモビットの最大のメリットとなりますので、ぜひ書類提出に関してはきちんと行いましょう。